HACCPとは

HACCPとは
Hazard Analysis Critical Control Pointのそれぞれの頭文字をとった略称で、「危害分析重要管理店」と訳されています。危害とは、食品とともに口から入った時に、お腹をこわしたり熱を出したりする原因となるものをいいます。

日本では、厚生省がこのHACCPの仕組みを取り入れた「総合衛生管理製造過程」という食品衛生法の一部として制度化し、認証制度として実施しました。(1996年5月)ENJO製品はオーストリアにおける日本の厚生省に相当する中央行政機関の指定する州立試験所の一つ、フォアベルグ州立のフェルドリッヒ病院にて、確認を受けました。

ENJO製品は公的機関によってテストされました。そして、厳しいHACCP評価基準を充足していることが公認されました。
この証明書により、ENJO掃除繊維が国際的に認識されたHACCPに従っていることを承認します。

しかしながらそれはENJO製品が正しい使用方法に基づいて使用されることが前提です。
ENJO製品が正しい使用方法に基づいて使用されるとき、掃除される必要があった場所はその目的が達成されています。また、ENJO製品は常に環境保護が達成される為に価値ある貢献をします。

ISO9001(品質)ISO14001(環境)を取得

 2003年3月にISO9001(品質)ISO14001(環境)を取得しました。

ENJOファイバーは、化学薬品を使うよりも物理的にお掃除が可能なのです。

ENJOの超極細繊維が、肉眼では見えない小さな穴や細かい隙間に届きます。化学薬品を使うことなく、効果的にすばやく汚れやバクテリアを取り除き、ファイバー内に取り込みます。

ENJOファイバーを使うとき、水は界面活性剤と同じ働きを起こします。つまり、汚れを乳化させるのです。
従来のお掃除方法では、有害な化学薬品が表面に残留していたり、触れた手から浸透してしまうこともあります。
化学薬品を使わないことは、あなたの身体と環境を守ります。
  
ENJO(エンヨー)は今までにたくさんの試験や検査を受け認められてきました。
今後もお客様に満足いただける製品を開発、改良していきます。